アウトソーシングすることによるメリットとデメリットの比較

アウトソーシングすることのメリットとは

まず、高い専門性のある外部の人材やスキルを活用することが出来ます。
そして、自社の人材やスキルが乏しい領域に関して、人件費を固定することなく、業務に取り組むことが出来ます。
また、条件や費用が合わない場合は、他の条件を満たす外部の人材に変更することも可能となります。
インソーシングではそう簡単に人材を変更するわけにはいきません。それなりの手順が必要となります。
アウトソーシングの主な担い手は受注業務のプロですし、品質管理もある程度、保証されているものです。
人件費を抑制しながら、固定費化せずに変動費化出来るという強みもあります。
また、社内設備投資や人員のマネジメントコスト費用も抑えられ、本来の業務に集中して時間をさくことが出来ます。

アウトソーシングすることのデメリットとは

それでは、今度はデメリットについても考察していきましょう。
人件費相当の外注費を変動費化出来るからといって、アウトソーシングすれば必ずコスト削減の出来るということにはなりません。
なぜなら、アウトソース先は、業務の内容によっては、高度専門人材で業務を請け負う場合も想定されるため、高額の費用となってしまう可能性もあるからです。
また、アウトソーシングを進める準備段階として、インソーシングしていた業務を整理し、効果的なディレクションが出来るように業務プロセスをあらかじめ整理する必要が生じるということもあります。
そうです。業務をただ丸投げすればいいというものでは無いということです。
ただ、それだけの手間やリスクを差し引いたとしても、効率アップに有効な方法として、一考してみる価値はあると思います。