IT業務が抱える問題点と今後の課題

人事部や総務部がIT業務も兼任している

中小企業などでよく見られるあくまで参考例としてですが、企業の中でIT業務を担当しているのが、人事部や総務部の人材であるなど、本業が別にあってIT業務のルーティンも兼任している場合などがあります。
ある程度は、個人差もあるとは思われますが、もともと人事や総務のプロフェッショナルになるべく人材育成された後、IT業務の専門知識をあとから学んでいるなど場合は、知識や経験不足がみられるなどといったデメリットも考えられます。
また、こういった場合、本業を圧迫してしまい、マルチタスクが上手くいかずに、圧倒的な業務量の負担が大きくなってしまうといった場合が予想されます。
IT業務はそれだけ専門性の高い職種としてジャンル分けされるということになります。

専任の担当が居ないか技術の活用が経験不足

IT業務のルーティンといえば、コーディングやデータ変換、テスト配信や更新作業など、緻密でかつ正確さを求められる業務が多くを占めていますが、その業務のプロフェッショナルになるためには、知識と経験も必要です。
専任の担当が居ないなど技術面のスキルが不足している人材に任せていては効率的とは言えません。
また障害やトラブル発生時の迅速な対応なども求められますから、高度な専門知識も必要とされるといえます。
たとえば営業担当者が、人材不足のため、やる気だけでIT業務を兼任してみるなどといったケースもあるかと思われますが、予想外のトラブル発生の危険性や事故のもとになるなどのリスクも高まるのではないかと思われます。