企業にとって業務効率化は何故必要なのか

企業がインソーシングを選択するポイント

まず、企業内にて、ITルーティン業務に携わる人材が、主業務をおろそかにすることなく、かつ1人で複数の業務を担っている(マルチタスク)というレベルの業務量であることです。
または企業側が、そういった人材を育てる環境やシステムを構築出来ていることが理想的であると言えます。
そして、業務量が任せる人材のキャパシティ内に収まっていることです。これはゆくゆくは、社内の業務に精通した人材の育成につながる場合もあります。
また企業理念や戦略などについても、理解が深められる環境にあるため、全社視点で業務を見渡せる人材にもなり得ると言えます。
ただ、特定の人材に業務のノウハウが集中してしまい、辞めてしまう場合のリスクが高いといったデメリットもあります。

企業がアウトソーシングを選択するポイント

企業内における、ITルーティン業務に関して、主業務が圧迫されてきているなどの理由で、品質をある程度は保ちながら、出来るだけ安く、質の高い外部リソースと人材のスキルを有効活用したいといった場合がそうです。
単純な人件費削除という理由のみではなく、専門的で実践経験豊富な知識を持った外部の人材に携わってもらうことにより、総合的な費用対効果の観点から業務を効率化させたいということも理由になります。また、発注する業務内容によって人件費を抑えつつ、固定化せずに変動化出来るというメリットもあります。
インソーシングに比べて、社内設備のコストや社内マネジメント費用も抑えられ、本来の業務に時間を費やすことにも繋がります。