効率アップ間違い無し!ITルーティンをアウトソーシング化

アウトソーシングによる業務効率化とは?お役立ち情報サイト

企業にとって業務効率化は何故必要なのか

内製すなわちインソーシングとは、社内の人材で業務を遂行すること、外注すなわちアウトソーシングとは、企業の業務の一部を外部に委託することです。 企業がどちらの方法を選択するかの判断ポイントは、いくつかありますが、それをこれから、解りやすく考察していきましょう。

内製(インソーシング)か外注(アウトソーシング)かの判断基準

そもそも、業務効率化が企業にもたらすものとは、一体、何なのでしょうか?

まず第一に「残業時間の短縮」があげられます。
昨今は、働き方改革が世間で叫ばれていることからも明らかですが、効率の悪い環境で雇用者が無理な働き方を強いられ、心身の健康を害してしまうケースが非常に多くなっています。
そこで、効率的に仕事を切り上げ、ムダな残業を減らすことが望ましく、これによってさらなる副産物が生まれます。雇用者の心身の健康を保ち、それぞれの能力も十分に発揮されることでしょう。

続いて第二に「仕事量とスキルのバランス化」です。
仕事量に対して個人のスキルが伴わないと、ムダに時間がかかってしまう上に、完成した後の、他のスタッフによるチェックや手直しなどが行われ、二度手間になってしまう可能性もあるでしょう。
そこでこの場合、スキルを伴わない人材への業務量を減らし、この業務をスキルの伴った別の人材に依頼することにより、バランスを保つことが可能です。

第三に「生産性の向上、売上のアップ」と言えるでしょう。
儲かるからどんな仕事でも請け負うのでは無く、費用対効果の高い仕事のみを引き受けることにより、雇用者数の規模や労働時間に見合った業務量のバランスを保てると言えます。
これにより、生産性の向上、売上アップにも繋がるでしょう。

どれも企業が存続していくために必要不可欠な要素と言えるでしょうし、これらを軽んじてしまっていては、優良企業として認定されるのも難しいかもしれません。

IT業務が抱える問題点と今後の課題

急速なスピードで進歩、そして進化を遂げたIT業界により、関連する業務は多様化し、企業内でもITのルーティン業務量が確実に増えています。それに伴って様々な問題点や今後の課題なども発生しています。 それは具体的にはどういったことなのでしょうか?また、そこで何故、アウトソーシングの必要性があるのでしょうか?

アウトソーシングすることによるメリットとデメリットの比較

まず、アウトソーシングすることのメリットとデメリットを考える際に、必要になってくる要素とは、高い専門性のある外部の知見、人材の活用と、人件費を固定せず変動費化すること、などが挙げられます。 それでは、これらを踏まえて具体的にどのようなメリット、デメリットがあるのかを理解していきましょう。